カオルーンハーバーフロントホテルまでの紅カンからのルート|徒歩でも行けるのか行き方まとめ

この記事では、香港の中心地、カオルーンにある「カオルーンハーバーフロントホテル」への徒歩ルートをご案内します。

香港が初めての方は特に、地理が分からず目的地まで辿り着けるか不安ですよね?

他の国よりホテルの平均料金が高いと言われている香港ですが、この「カオルーンハーバーフロントホテル」は、部屋の広さやサービスの割に安めのホテルです。

駅からも徒歩圏内なので、ここを起点に香港を満喫しちゃいましょう!

カオルーンハーバーフロントホテルの場所はどこ?

カオルーン ハーバーフロント ホテル (九龍海湾酒店)

Kowloon Harbourfront Hotel
8 Hung Luen Road, Hunghom Bay, Kowloon, Hong Kong

公式ホームページより
まずは、カオルーンハーバーフロントホテルの場所を見ていきましょう。

このように、香港の中心地である便利な場所に位置します。

ヴィクトリアハーバーという、大きな川のような海を挟んで、上と下が香港の中心地です。

上にはナイトマーケット、香港1番の繁華街、様々なショッピングモールがあります。

下にはオーシャンパーク(海洋公園)や香港大学、こちらにも様々なショッピングモールがあります。

カオルーンハーバーフロントホテルからは、どちの観光地でも行きやすいのです。

2、カオルーンハーバーフロントホテルの最寄り駅は?

カオルーンハーバーフロントホテルの最寄り駅は紅カン(ホンハム)です。

駅からは徒歩10分くらいで、すごく近いわけではありませんが、静かな場所なのでゆっくり休めますよ。

この紅カン(ホンハム)は主に住宅地エリアで、香港在住の日本人もたくさん住んでいるそうです。

紅カン(ホンハム)駅はこちら。

中心地の中でも1番栄えている尖沙咀(チムサアチョイ)までは、ホテルからの無料バスで行けます。

紅カン(ホンハム)駅から、MRT(地下鉄)でも一駅です。

地図上では分かりませんが、東 (チムサアチョイ イースト)まで行けば、地下で尖沙咀(チムサアチョイ)まで繋がっています。

※点線のところです。

東 (チムサアチョイ イースト)の改札を出て、看板通りに行けば、5分もかからず尖沙咀(チムサアチョイ)まで着けます。

ちなみに、尖沙咀(チムサアチョイ)あたりのホテルは駅チカで便利ですが、部屋は狭く、値段は高い傾向にあります。

カオルーンハーバーフロントホテルまでのルート

では、最寄り駅である紅カン(ホンハム)から徒歩でホテルに向かう際の最短ルートをご説明します。

こちらが紅カン(ホンハム)駅外観。

C3出入り口の写真です。

まず紅カン(ホンハム)の改札を出たら、このC3出口に向かいます。

出口を出ると、すぐ前にエスカレーターがありますので、エスカレーターを上り、左に伸びている歩道橋を渡ります。
歩道橋を渡り終わるとショッピングモールが見えきますので、そのまま中へ入ります。
モールへ入ると通路が別れていますが、一番右側の通路を進んでいきます。

 

右側の通路を進むと、頭上にカオルーンハーバーフロントホテルの案内板があります。
このまま進み、靴屋さんやお酒やさんを通り過ぎ、パーティ会場の前にあるエスカレーターを下っていきます。

 

こちらは、エスカレーターの上にある案内表示です。

 

エスカレーターを降りると外へ出られるドアがあるので、外へ出てください。

 

ショッピングモールを出たところの交差点です。
この交差点を渡り、右にあるアーケードに入ります。

 

アーケードを道なりに進み、抜けたら右側に交差点があるので渡ります。

 

そうしたらまた交差点があります。
ここは右へ曲がるように渡り、正面に出てくる大きな建物を目指して真っ直ぐ進みます。

 

こちらは、ホテルの窓からの景色です。
ショッピングモールからホテルまでアーケードが続いているのが分かりますね。

 

ホテル敷地内に入ると、入り口がありますので、階段を登って中に入ります。

 

左側にスタッフが座っていますが、気にせず奥に進みましょう。
すると、もうひとつ入り口が出てきて、中へ入ると右側にカオルーンハーバーフロントホテルのフロントがあります。

 

こちらが奥の入口です。
ここでチェックインをして、さらに進むと客室へのエレベーターがあります。

 

文章で書くと、ややこしい感じもしますが、慣れてしまえば自宅に帰るような感じでスムーズに行けると思います。

 

おわりに

ここでは、カオルーンハーバーフロントホテルへの最寄り駅と、徒歩ルートをお伝えしました。

駅からはショッピングモールの中を通ったり、アーケードを通ったりで、雨でもほとんど濡れることなくホテルまで行けます。

このように駅からショッピングモールまでの歩道橋も屋根が付いており、屋根がない場所を歩くのは、ショッピングモールを出た先と、アーケードを抜けてからホテルまでの道のりくらいです。

夏場なども日差しがカットされますので、このルートはオススメです。

ただ、上り下りが結構あるので、ベビーカーや大きな荷物が沢山ある場合は大変だと思います。
そういった方は、少し高くても尖沙咀(チムサアチョイ)の駅チカホテルをオススメします。
私は初日、方向も分からず迷ってしまいましたので、少しでも役に立てればと思い記事を書きました。
カオルーンハーバーフロントホテルは、中心地の中でも少しだけ外れていますので、事前にルートのチェックが必要です。
慣れない地で、言葉や文化の違いに戸惑うことがあるかと思いますが、是非思い出に残る楽しい旅をしてください。

関連記事

  1. ランタオ島 昂坪(ゴンピン)の見どころと観光マップ!お得なクーポン券も紹介

  2. 中国客運埠頭(チャイナフェリーターミナル)の最寄り駅とチケット購入方法を解説

  3. 香港でインスタ映えを狙うならYum Cha(ヤムチャ)!可愛い飲茶でほっこり。

  4. 香港国際空港のディズニーストアで閉店した店舗はどこ?3店舗の場所とお得な買い物方法についても

  5. MTR東涌(トンチョン)駅からケーブルカー東涌(トンチョン)駅までの行き方|ゴンピン360のお得チケット