MTR東涌(トンチョン)駅からケーブルカー東涌(トンチョン)駅までの行き方|ゴンピン360のお得チケット

昴坪(ゴンピン)360は、世界最大級の屋外大仏へ参拝するための、全長5.7kmの観光用ロープウェイです。
ランタオ島の東涌(トンチョン)中心部と昂坪(ゴンピン)を結んでいて、いつでも大行列の人気スポットとなっています。
ケーブルカー東涌(トンチョン)駅から昴坪(ゴンピン)駅まで約25分間の空中散歩を楽しめます。
このロープウェイに乗れるケーブルカー東涌(トンチョン)駅までの行き方と、お得に乗る方法をご紹介します。

ランタオ島の場所

ランタオ島は、香港島やカオルーン半島から少し離れた、ディズニーランドがある島です。
繁体字では「大嶼山」と表記し、広東語でダーイユーサーンと読みます。
香港の中心地からはMTR(地下鉄)で40分くらい。
香港特有のビルやオフィスが立ち並ぶ賑やかな風景からは一変。
澄んだ空気と木々の囁きが心地良い自然豊かな地域です。
しかし、やはり香港。
人の多さは凄いです!
土日は特に、朝から昴坪(ゴンピン)360に乗るための大行列が出来ています。
しっかりと予定を立てて、早めにロープウェイに向かうといいでしょう。

MTR東涌(トンチョン)駅から昴坪(ゴンピン)360乗り場まで

昴坪(ゴンピン)360に乗るための最寄り駅は、MTR東涌(トンチョン)駅です。
MRT東涌線の終点になります。
東涌(トンチョン)駅に行くには、オレンジ色のラインを目印に向かいましょう。
路線図の色と、実際の地下鉄案内板の色がリンクしているので、乗り換えも簡単です。
香港駅からは乗り換え無しで一本です。
尖沙咀(チムサーチョイ)から行く場合は、いったん尖東(イーストチムサーチョイ)まで出て、南昌(ナンショウ)で乗り換えが出来ます。
では、さっそくMTR東涌(トンチョン)駅からケーブルカー東涌(トンチョン)駅まで歩いてみましょう。
まず電車を降りたら、出口Bに進みます。
すると目の前には地面から噴水が出ている広場が見えてきます。
そして、広場から振り返ると駅がこんな感じ。
この駅にはCitygate Outlets東薈城名店倉(シティーゲート・アウトレッツ)が直結!
買い物客でも賑わっている駅です。
広場を通過すると、ゴンピン360の看板が出てくるので、案内に従って歩いていくだけ。
徒歩5分位でロープウェイ乗り場が見えてきます。
道を渡った先には乗り場が見えるので、迷うことはないでしょう。
正面に見えるエスカレーターを上ります。
私が行った時は工事をしており、少し大回りをしました。

ゴンピン360の料金と購入方法

窓口購入での往復料金は、大人が235香港ドル、子ども(3~11歳)が110香港ドル。
そしてシニア(65歳以上ただし香港居民に限る)が155香港ドルです。
レートが14円の場合、大人料金が3290円、子供料金が1540円になります。
また、ゴンドラの床が透けているクリスタルキャビンは、少しお値段が高くなっています。
冒頭でも書きましたが、ゴンピン360は人気のスポットとなっており、窓口購入は長蛇の列です。
実際に、「ランタオ島は郊外にあるので、そこまで並ばないだろう」と事前チケット予約せずに行きました。
この行列を見て、かなり後悔・・・
私は土曜日の午前中に行き、窓口購入の列に並んで一時間ほど待ちました。
平日はもう少し空いているかもしれませんが、ネット予約なら割引でお得に購入できますので、事前予約をオススメします!
こちらが今回の香港旅行でお世話になったkkdayのネット予約料金表です。
スタンダードキャビン クリスタルキャビン
大人(12歳~) 往復2396円 往復3270円
子供(3歳~11歳) 往復1269円 往復2198円
ゴンピンでは使いませんでしたが、フェリーやディズニーのチケットを予約して、スムーズな旅行を満喫できたイチオシの会社です。
会員登録を済ませて購入すると、バウチャーと呼ばれるQRコードが送られてきます。
その画面を窓口で見せるか、事前に印刷したものを見せると、ほとんど並ばずにチケット交換が出来ます。
(オンライン予約の場合も必ず窓口での引き換えが必要です)
ちなみに、ゴンピン360のゴンドラを待っている場所ではWi-Fiが使えるので、あまりにも混んでいる時は、並びながらチケット予約することも出来ます。
予約が完了したら、隣の列にワープすればOK!
下記に注意事項を載せておきます。
- 重要情報 -
・ケーブルカー・ゴンピン(NGONG PING/昂坪)360は不定期でメンテナンスを行いますため、実際の営業日は公式ホームページ上で告知される営業日に基づきます。メンテナンス日がお客様ご指定のご利用日と重なった場合、ご予約の変更またはキャンセルをご選択いただけます。
・香港・マカオ籍および現地在住の外国籍のお客様はご予約いただけません。あらかじめご注意願います。
・0〜2歳の幼児は無料です。3〜11歳の児童には子供料金が適用されます。児童、幼児のご利用には15歳以上の方の同伴が必要です。
・メンテナンスのため、2019年1月22日〜23日および3月6日〜26日の期間はケーブルカー・昂坪(ゴンピン)が運休となります。あらかじめご了承ください。
- 引き換え方法 -
・印刷またはスマートフォン等に表示したバウチャーを現地の旅行会社チケット引き換え窓口(旅行社換票證窗口)でご提示いただき、実際のチケットにお引き換えください。
・ご利用時に身分証の提示を求められる場合がございます。現地にパスポートをご携帯ください。
kkday公式ホームページより
kkdayの引き換え場所は、窓口中央です。
並ぶ列は3列あり、窓口での当日購入、事前予約の列、KLOOKという予約サイトでチケット購入した人の列です。
列がそのまま窓口まで続いているので、kkdayでチケット購入した場合は、真ん中の列に並びましょう。
そして、中央にある窓口で引き換えを行います。
KLOOKを利用する場合は専用の順路がありますので、かなりスムーズな様子でした。
数名横を通り過ぎて行きましたが、待たずに窓口まで行けていたようです。
ディズニーランドや乗車券、クルーズなどの割引チケットも多数取り扱っているので、KLOOKの利用もオススメです。
※KLOOKは英語オンリーで、kkdayは日本語。
※両会社ともにゴンピン360の割引率は同じです。

ゴンピン360に乗る

チケット購入が無事に済んだら、ゴンピン360に乗って昴坪(ゴンピン)駅まで行きましょう。
通常のゴンドラと、ゴンドラの下が透けているクリスタルキャビンと、二種類のゴンドラがあると上記でお伝えしました。
どちらも同じロープに付いており、クリスタルキャビンのほうが台数が少ないのですが、乗る人も少ないので列の進み具合は同じくらい。
午前中など混雑しているときは相乗りになります。
眼下に広がる海や、飛行場から飛び立つ飛行機、青々とした木々を楽しみながら、進んでいきます。
リュックを背負い、山道を歩いて登っている方も見かけました。
湿気があり、途中は霧が出てくることもあります。
キャビン内や、高度の高い昴坪(ゴンピン)は肌寒いこともありますので、上着が1枚あるといいでしょう。

まとめ

景色を楽しみながら、昴坪(ゴンピン)駅に到着しました。
最後におさらいです。
香港の中心地である尖沙咀(チムサーチョイ)や、香港駅からMRT(地下鉄)で40分ほどでランタオ島の東涌(トンチョン)に着きます。
東涌(トンチョン)駅から5分ほど歩いてゴンピン360乗り場へ向かいます。
ゴンピン360に乗り、約25分で昴坪(ゴンピン)駅に到着です。
待ち時間を省くと、香港中心地から1時間強で昴坪(ゴンピン)に行くことが出来ます。
ショッピングや食べ歩きなど、香港の街を楽しんだあとは、ひと足伸ばしてランタオ島も満喫してみてください。
また、昴坪(ゴンピン)での過ごし方や見どころ、お得なクーポン券の使い方など、こちらの記事で紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

関連記事

  1. カオルーンハーバーフロントホテルまでの紅カンからのルート|徒歩でも行けるのか行き方まとめ

  2. 香港国際空港のディズニーストアで閉店した店舗はどこ?3店舗の場所とお得な買い物方法についても

  3. 香港でインスタ映えを狙うならYum Cha(ヤムチャ)!可愛い飲茶でほっこり。

  4. 中国客運埠頭(チャイナフェリーターミナル)の最寄り駅とチケット購入方法を解説

  5. ランタオ島 昂坪(ゴンピン)の見どころと観光マップ!お得なクーポン券も紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。